弾丸突撃!世界遺産「富岡製糸場」にノマド旅

どうもあめざわです
先日、群馬県にある世界遺産「富岡製糸場」にぶらっ~と訪れました
スポンサーリンク

富岡製糸場はユネスコ世界遺産に2014年に記載されました
割と新しい世界遺産ということで、
やってきました!!
「入場する前の門の前」

赤いポストがお出迎え
ちょっとポップなレンガ作りの建物

 

※プチポイント
このレンガは瓦しか作れなかった日本人がフランス人と共同で瓦を軸とした
初めてのレンガを作ったらしいです
中に入ると明治の日本を支えてきた製紙が
どれほど活躍していたのか工場の規模でひしひしと感じました

 

 

●日産が作ったとされる自動製紙機なるもの
よく写真が上手な人が撮ってるポイントですね!

 

●工女(工場で働く女の人)の寮

 

●製紙を作るのに蚕の繭を保管する所
暗くて薄気味悪かったです
 
今回の世界遺産「富岡製紙場」
入場料は1,000円
今は工事中の部分もあるので、滅多に見れない風景も見れますし
ぜひ1度は訪れてみて、世界遺産を肌で感じてください!
ではでは!

 

 

 

 

元ダメダメ美容師が人生逆転

旅行、グルメ、仲間

全てが180℃変わった

たった一つのメルマガストーリー

※無料登録で5万円相当の教科書「あめざわ式旅学の近道」

プレゼント中

⇩⇩⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です