上司に急な飲み会誘われたらこう言おう…『それモラハラですよ?』

 

お酒は飲みニケーションとも呼ばれて

 

上司、同期の考えていることなど

スポンサーリンク

お酒を酌み交わしながら

 

腹を割って話す!!!

 

などと言われていますが

 

私はそうは思いません・・・

 

なぜなら飲み会は『自分の時間を削っているだけ』だからです

 

自分の時間を無理やり削っていく

無神経な人は

俗に言う『モラハラ』です

 

モラハラとは?

モラルハラスメント: harcèlement moral: mobbing)とは、モラル道徳)による精神的な暴力嫌がらせ(被害者が不快感や精神的な苦痛を感じるすべての行為)のこと。俗語としてモラハラと略すこともある。

※Wikipedia引用

 

ここでは

急な飲み会で生まれるデメリットについて今回はいくつか上げてみました

 

 


●自分時間の予定が狂いまくる….


 

今日は帰ったら読書して、英語のこの所を勉強しよう!

 

退勤後の時間を自分のキャリアアップのために勉強している人は

 

急な飲み会でその予定がぶち壊された挙句、決めていた予定が後回しになってしまいます

 

英単語の1つ以上の価値がある学びがあるならいいですが

 

大抵、酔っ払った状態なのであったとしても忘れます・・・

 

上司も言ったこと事すら覚えていません

 

冷静な時の方が何倍も自分の学びになることがあります

 

自分の予定があるなら急な飲み会は断然断ろう!

 

 

 

 


●愚痴、仕事の説教でマイナスオーラを貰う


 

酔っ払うと人は、気分が良くなります

上司は大抵、後輩を連れて行くということは

愚痴を聞いてくれるか、仕事の説教をして

優越感に浸っています・・・

仕事外にそんなマイナスなオーラを纏った人といて

得することなんて何もないです

たとえご馳走になったとしても

その分自分の精神がマイナスになるんだったら

避けるべきです!!!

 

 


●生活リズムが崩れる


 

深夜まで飲んでいれば次の日にも響きます

自分のパフォーマンスを下げてしまったが為に

 

いつもならテキパキできた仕事もノロノロになってしまって

 

『今日はダメな日だー』などと悲観的になってしまう・・・

 

その上、夜にやる予定も、集中力なんかあるわけもなく

 

すぐにベットイン・・・

予定はさらに先送りに・・・・

 

こんなマイナスなことが沢山あるのに

自分の時間を削ってまで

 

急な飲み会に行くと言うことは

 

★自分では断れない

★上司の顔色を気にしている

 

この2つが大きいと思います!!

 

誘う側の問題が1番なのは当然です!!

 

実は

私も断れない人間でした

 

しかし、どこかで自分を変えて行かないと

 

いつまでも上司の時間の中でいいように生きて行くことになります

 

永遠の0円残業者です!!!

 

そうならないためにも

 

断る勇気を持って欲しいです

 


●飲み会に行くな!!ではない


 

ここまで読んでいただいた方は

 

明日から、断る勇気が出てきたと思います

 

しかし勘違いしないで欲しいです

急な飲み会は断るべきですが

飲み会自体は断るべきではないです

これはどう言うことかと言うと

予定されている飲み会

 

たとえば歓迎会、送迎会、打ち上げ、友人との約束

 

は断るべきではないです

 

積極的に参加するべきです

 

人と人のコミュニケーションは大切です

 

予定されている飲み会なら

 

自分の予定も崩れない!!

早く切り上げて帰れますし・・・

 

その場を楽しむことができます!!

 

 


●最後に


 

どうでしたか?

 

このような考え方にいたるまで

 

私は、ノリで生きる人間でした

 

ノリで生きることは疲れますし

 

誰かに合わせる時間が多いと精神的に参ってしまいます

 

 

今でこそ自分で稼ぐ力を手に入れたので

 

どんな予定も、気にせず参加できますが

 

社会人時代は大変でした

 

 

もし自分を変えたいと真剣に思っていましたら

私のメルマガに登録して

副業から始めてみてください!!

間違いなく今より「自由に」なれる情報を配信しますので

こちらからどうぞ

http://yuya06.com/blog

 

 

 

 

 

 

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です