好きなことを仕事にするのと好きなことが仕事になる違い

【メルマガバックナンバー】

 

 

どうも週7時間で自由人のあめざわです

 

『好きな事を仕事にしよう』

 

このようなフレーズは響きがいいように見えます

 

好きなことが仕事になれば人生は幸せだと思いますが

 

ここで1つだけ注意してほしいことがあります

 

例えば一人の若者が旅行が好きでそれを仕事にしようと旅行代理店に就職しました

 

ツアーコンタクターとして旅行にたくさんいけます

 

仕事で旅行が行き放題!幸せ!と感じるかもしれません

 

ただツアーに参加する方を引率して、彼らを通り一遍の観光地に案内してるだけでは

 

旅好きの心を満たすことは思えません・・・

 

むしろ仕事で行くありきたりなツアーを重ねて行くにつれて

 

旅行が嫌いになっていくかもしれません

 

●好きなことを仕事にするのではなく、好きなことが仕事になるのが理想

 

ここでは選択肢として考えるべきことは

 

旅が好きというライフスタイル軸に

 

ある程度の収入が入る仕事と

 

行きたい時に行きたいところに行ける自由な出勤制度を実現させる

 

仕組みをどうつくっていくか探すことです

 

1番避けるべきは『時間給的な仕事です』

 

時間給的な仕事はいわば時給です

 

1時間働いていくらの仕事は

 

時間に拘束されてしまいます。

 

しかしながらいきなり

 

好きなことを仕事にすることはいけないということです

 

まずは個人でしっかりと稼げるビジネススキルを身につけて

 

好きなこと、趣味として自由に楽しめるライフスタイルを作り上げて行きましょう

 

時間をかけて準備をし、少しずつ移行して行くというのが実現可能な方法です

 

「今が楽しければいい』と思っていたらなんの能力もつきません

 

自分のライフスタイルに必要な能力を身につけてからでも人生は楽しめるということです

 

今回も長々とありがとうございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です